妊娠しても猫は飼える!トキソプラズマ症について解説!

猫、トキソプラズマ, 妊娠

妊娠したら猫を飼わない方がいい…

このように言われているのは、猫から人間に感染するトキソプラズマ症という病気が、妊婦さんに流産を引き起こしたり、赤ちゃんの健康に影響を及ぼすことがあるから。
元気な赤ちゃんが無事に産まれてくるよう願うのは母親なら当たり前のこと。
妊婦さんになったり、身近に妊婦さんがいるあなたにとっては、今飼っている猫ちゃんや他の猫との接し方について心配になりますよね。

飼っている猫を手放さなきゃいけないの?と不安に思っているあなた・・・

大丈夫。トキソプラズマ症は正しく理解して対処すれば、猫から感染して妊婦さんや赤ちゃんに影響が及ぶことはほとんどありません。
安心して猫と一緒の生活を続けるためにも、病気のことや注意点について知っておきましょう。

スポンサーリンク

トキソプラズマ症とは

トキソプラズマ症の原因になるのは、トキソプラズマという寄生虫の一種。
私たち人間を含めてほぼ全ての哺乳類・鳥類に感染して、筋肉や脳の中にじっと待機しています。
ところが、猫に感染した場合だけは、トキソプラズマは猫の体内でオーシストと呼ばれる卵を産み、その卵が糞と一緒に猫の体外に排出されるのです。
この卵が人間の口に入ると、猫から人間にトキソプラズマが感染します。

人間も猫も、健康な大人ならトキソプラズマに感染しても、たいてい無症状で気付かないうちに治っていることがほとんど。
ただし、妊婦さんが妊娠中に初めてトキソプラズマに感染すると、流産を起こしたり赤ちゃんに障害が出ることがあるため、注意が必要です。

まずは病院で検査を!

過去にトキソプラズマに感染したことがあれば、既にあなたはトキソプラズマに対する免疫ができており、抗体を持っているはず。
再び感染したとしても、抗体でトキソプラズマを倒すことができるため、赤ちゃんに影響は及びません。

抗体は、例えるならトキソプラズマと戦う武器。
この抗体があるかどうかは、血液検査で調べることができます(抗体検査)。
妊娠の予定があったり、妊娠が発覚したら、まずはあなた自身の抗体検査を受けておきましょう。
抗体陽性だった場合は、猫からのトキソプラズマ感染を心配する必要はありません。

動物病院で猫の抗体検査を受けてみよう

抗体陰性だった場合は、妊娠中にトキソプラズマに感染しないよう気をつけなければなりません。
念のため、あなたの猫ちゃんも動物病院でトキソプラズマの抗体検査を受けてみるとよいでしょう。

ここでポイントとなるのは、トキソプラズマに感染した猫は、常に糞の中に卵を排出する訳ではないということ。

卵が排出されるのは、猫が初めてトキソプラズマに感染してから約1〜3週間という限られた間だけ。
猫から人間へとトキソプラズマが感染する可能性があるのはこの期間だけなのです。
この期間を過ぎたり、2回目以降トキソプラズマに感染した猫は、既に抗体を持っており、トキソプラズマが卵を産むことはできません。
つまり、猫の抗体が陽性だったからと言って、 怖がることはないんですね。
むしろ、抗体検査で陰性だった場合の方が、注意が必要です。

猫のトキソプラズマ抗体検査

猫の抗体検査は通常、数週間の間隔を空けて2回検査をし、それぞれの数値を比べて診断します。
検査結果はかかりつけの獣医さんに診断してもらいましょう。

  • 1回目で陽性→2回目も陽性
    過去にトキソプラズマに感染したことがあり、武器となる抗体を持っているということ。
    もうトキソプラズマの卵を排出することはなく、人間に感染する可能性はありません。
  • 1回目で陽性→2回目も陽性で数値上昇
    まさに今、トキソプラズマの感染によって、体が反応している可能性があります。
    この場合、糞の中に卵が排出されている可能性もあり、妊婦さんは注意が必要です。
  • 1回目で陰性→2回目は陽性
    最近トキソプラズマに感染した疑いがあります。
    人間への感染源となる卵を排出している可能性があり、この場合も要注意。
  • 1回目で陰性→2回目も陰性
    今まで一度もトキソプラズマに感染したことがなく、危険はないと言えます。
    ただ、油断は禁物。これからトキソプラズマに感染しないよう、注意してあげてください。

妊婦さんのための猫との暮らし方

妊婦さんが一度もトキソプラズマに感染したことがなく、猫も一度も感染したことがない場合こそ、最も注意が必要です。
では、トキソプラズマに感染しないようにするためには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

トキソプラズマの感染源は人間も猫も同じで、感染した猫の糞をはじめ、感染した動物の生肉土の中に含まれるトキソプラズマの卵などが挙げられます。
感染しないためには、これらが口に入らないよう、人間も猫も気を付ければよいのです。

  • 猫を外に出さない
    外に出てネズミや鳥を捕まえたり、土に触れる機会が増えれば、当然トキソプラズマに感染するリスクが高くなります。
    ベランダや庭先だけ…と思っても、感染したノラ猫の糞が落ちていたり、何が起こるかわかりません。
    猫とあなたのために、完全室内飼いをオススメします。
  • 生肉を食べない、猫にも食べさせない
    妊娠中は、お肉はしっかり加熱して食べましょう。
    最近では、手作りフードなど、生肉を食べているグルメな猫ちゃんもいるよう。
    感染を防ぐために、猫にも生肉を食べさせないでください。
  • ノラ猫(特に子猫)や不特定多数の猫に触らない
    その猫がもし感染源になる危険な状態だったら…
    猫好きさんにはツラいかもしれませんが、たくさんの猫と触れ合わないようにしましょう。
  • 猫のトイレ掃除は手袋をして行う/他の人にやってもらう
    気を付けていても、もしかしたらどこかで猫が感染して卵を排出しちゃうかも。
    万が一のことを考えて、猫の糞の取扱いは慎重に。トイレ掃除は家族の人に任せるのが安心です。

室内飼いで、キャットフードを食べて生活している猫なら、トキソプラズマに感染することはまずありません。
日常生活できちんと気を付けていれば、妊娠してからも問題なく猫と一緒に生活を続けることができます。

きちんと理解すれば怖くない!

これで、猫からのトキソプラズマ感染を過度に怖がる心配がないことは分かっていただけたでしょうか?
間違った知識や誤解で、妊娠したからと言ってあなたの猫を手放したり、避ける必要はありません。

猫は、妊娠中のあなたの癒しとして、産まれてくる赤ちゃんの友達として、大切な家族の一員でもあります。
トキソプラズマを正しく理解して、これからも猫ライフを満喫しましょう。

実は、トキソプラズマは猫よりもガーデ二ングなどの土いじりや、生肉を食べることで感染することの方が多いと言われています。
妊婦さんになったあなたは、猫との接し方だけでなく、よく手を洗ったり、肉料理の火加減など、しっかり気を付けましょう。
そして無事に元気な赤ちゃんを産んで、幸せな家庭を築いてくださいね!

スポンサーリンク

猫、トキソプラズマ, 妊娠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

獣医師として動物病院で3年間勤務後、転職して会社員に。 アラサー猫好き女子です。 獣医を辞めても、やっぱり動物は大好き! 経験を活かして、動物を愛する飼い主さんや獣医の卵、迷える獣医さんのお困りを解決できるようなブログを目指しています。