獣医師から企業に転職して年収は上がるのか?実例を紹介!

獣医, 企業, 転職, 年収

転職する上で、気にせざるを得ないのがお金の話。
だって生活がかかってますもんね。

獣医師を辞めて企業に転職する場合、年収はどうなるのでしょうか?

未経験だし、獣医師の資格も関係ない仕事に就くとなると、年収アップなんてあり得ない?!

この記事では、私の実例をご紹介しながら、転職前後の年収の内訳を比較していきます。

スポンサーリンク

月給

転職前:臨床獣医師(3年目)28万円
転職後:会社員(web企画営業)26万円

月給は下がりました。
未経験での転職なので、当然と言えば当然ですね。
未経験で転職する若手は、第二新卒とも呼ばれるだけあって、大学院卒の初任給ぐらいが相場のようです。

挑戦してみたい仕事だったので、月収が下がることには何の躊躇いもありませんでした!

医療業界や獣医療、ペット業界に関わる企業に転職する場合は、獣医師の資格手当が支給される場合もあるようです。

ボーナス

転職前:夏・冬2回 合計30万円くらい
転職後:夏・冬2回 合計100万円くらい

獣医師時代は貰えるだけでもありがたかったボーナスですが、会社員になって夢が持てるようになりました。

景気が良いとは言えない世の中ですから、ボーナスの額は企業によって全く異なり一概には言えませんが…
「月給の◯ヶ月分」単位でボーナスが出ることに感動!

月給が減った分、ボーナスが支給されるのはかなりありがたいですね。

残業代

転職前:0〜1万円くらい
転職後:5〜15万円くらい

獣医師時代は遅番や夜勤に対する手当が月に2〜10万円くらい支給されていましたが、残業代はほぼナシ。
サービス残業ばかりで、労働時間は増えても給与は増えない…という状況だったのが、会社員になって解消されました。

時期によって差はあるものの、転職先の企業では、月20時間〜60時間ぐらいの残業があり、残業代も上限なく支給されます。

ブラック企業も増えているようですが、動物病院と比べると普通の企業では、会社員はかなりきっちりとした待遇で守られていると感じます。

年収は上がった?下がった?

転職前:約450万円
転職後:約500万円

月給は下がったものの、ボーナスや残業代のおかげで、年収は約50万円アップ!

ただし、内定が決まった時点では、残業代がもっと少ない想定で、年収480万円で提示されていました。
想定していたよりも残業が多く、その分年収が増えた形になりました。

未経験業界・業種への転職で年収が上がるのは珍しい?

私のように、未経験での転職で年収がアップするのは珍しいことなのでしょうか?

一般的に、完全な未経験での転職では年収アップは難しいとされています。
私が転職して月収が下がったように、何も活かせる経験がないのに給料が上がるということは、ほぼありません。

ではなぜ私が未経験にもかかわらず、年収アップに成功したかというと…

「獣医師時代の給与が低かったから。」

だと思います。

残念ながら、獣医師は激務の割に給与・待遇面で報われない職業。
もちろん、獣医師としてキャリアを積んで専門性を身につけたり、独立開業したりすれば少しずつ収入は増えていきますが、駆け出しの若手時代は一般企業の会社員と大して変わりません。

つまり、未経験で企業に転職したとしても年収が大きく変わることはありません。
むしろ、残業代や福利厚生がしっかりしている企業であれば、労働時間あたりの給与を考慮すると、大抵の場合は年収アップにつながると思います。

“獣医師の未経験業界・業種への転職活動では、年収を気にするべからず!
企業に転職すれば、労働時間に見合っただけの収入が得られるようになる。”

というのが私の結論です。

年収が下がってしまうという理由で転職を躊躇うのではなく、やりたい事がある人は転職すべし!です。

スポンサーリンク

獣医, 企業, 転職, 年収

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

獣医師として動物病院で3年間勤務後、転職して会社員に。 アラサー猫好き女子です。 獣医を辞めても、やっぱり動物は大好き! 経験を活かして、動物を愛する飼い主さんや獣医の卵、迷える獣医さんのお困りを解決できるようなブログを目指しています。