30歳で獣医師を辞めて、未経験で一般企業に転職しました。

私は30歳になるのを機に、動物病院での臨床獣医師を辞め、転職活動を経て会社員となりました。
転職したのは、獣医師の資格が優遇されるような製薬会社やペットフードメーカーではなく、一般企業の営業職です。

求人の少ない獣医師の中途採用を、どのようにして乗り越えたのか。
情報が少ないからこそ、転職で悩んでいるあなたに私の体験が役立てば幸いです。

スポンサーリンク

獣医師の資格を捨てた理由

臨床獣医師を辞める人は少なくありません。
労働量に見合わない給料の少なさや、ワークライフバランスの悪さを理由に、3~5年くらいを区切りに辞めていくことが多いです。
中には1年も続かない人もいたり・・・

私も確かに動物病院で働いていた頃は、残業代も出ないのに連日深夜まで働き、休日もセミナーに参加するなど、プライベートが充実しているとは決して言えないような生活ぶりでした。
しかし、それでも私は獣医の仕事が楽しかったです。

では、なぜ獣医を辞めようと思ったのか・・・

それは、“将来のことが考えられなかったから”です。

臨床獣医師として独立開業を目指す場合、動物病院の開業資金は約2000~3000万円と言われています。
借金して開業したところで、どれくらいの利益が出るのか?開業して一生自分の病院を守り続けるのか??
どうしても、独立の道は考えられませんでした。

それなら勤務獣医師として働き続ければいい、と思われるかもしれません。
しかし、企業病院などの大規模な動物病院を除いて、ほとんどの動物病院では定年退職するような年齢まで勤め続けられるような環境がないのが現状です。
特に女性獣医師にとっては、結婚や出産を機に獣医師としてのキャリアを諦めざるを得ないケースが多いです。

自分がどんな人生を歩みたいのか考えたとき、どうしても獣医として働き続ける自分の姿が想像できませんでした。

獣医師として働き続けないのであれば、転職できる年齢のうちに転職した方がよい。
転職するなら、いっそのこと獣医とは全く関係のない業界で働き、新しい経験をしてみたい。
その経験をもとに、いつかなんらかの形で雇われる立場を卒業し、独立したい。

そう考えた私は、院長に辞表を提出しました。  

転職活動とその苦労

獣医を辞めることを決断した私は、まずはネットで転職情報を探し始めました。
しかし、「獣医」「転職」などと検索しても、出てくるのは獣医の資格に関連した仕事ばかり。

製薬企業やペットフード、ペット保険の会社などは、獣医師の中途採用を募集していることが比較的多いです。
それに、「せっかく獣医の資格があるのだから、それを活かさない手はない」というのが一般的な考え方ですよね。

私のように、獣医の資格と関係のない業界に転職しようとする場合、選択肢の幅が広がる一方で、「未経験可」という条件付きの求人を探すことになります。
つまり、獣医の経験はメリットにはならず、むしろ「一般企業で働いたことがない」というハンデを背負い、新卒とほぼ同様の扱いになることを意味します。
当然ながら、そのような道を歩む獣医師は少なく、ネットで検索しても十分な情報を得ることはできませんでした。

しかも、転職活動では履歴書や職務経歴書などの書類審査や面接がありますが、学生時代に一般的な就職活動をしてこなかった私たち獣医師にとって、全てが初めての経験。
何をどう書けばいいのか、面接でどう受け答えすればよいのか・・・わからないことだらけです。

途方に暮れた私は、転職エージェンシーに相談しながら転職活動を進めることにしました。
転職エージェンシーでは、書類の書き方から面接対策まで担当の方が親身に相談にのってくれました。
第3者の客観的な目線と豊富な経験で応募書類を添削してもらえたこと、 面接日時や給与の調整など、採用担当者に直接言いづらいようなことを代わりに交渉してもらえたことは、 エージェンシーのお世話になったからこそのメリットだったと思います。

あんなにお世話になったのに無料だなんて、言い方は悪いかもしれませんが、使わない手はありません。  

無事、内定。転職を経験して思うこと

約2か月間の転職活動を経て、私は無事に新たな世界へ足を踏み入れました。
3社から内定をいただき、最終的には自分が一番イキイキ働けそうだと直感的に感じた会社でお世話になることに決めました。
動物病院と企業では環境も全く違うし、利益計算や外回りなど、全てが新しく挑戦の日々です。

転職して一番良かったと感じるのは、視野が広がったこと。
獣医学科に入学して、獣医になって・・・という王道のレールから外れたことで苦労もしましたが、新しい世界を知って、生き方や考え方の選択肢が豊かになりました。

新しい職場では会社創立以来の初めての元獣医師として、同僚や上司からペットの健康相談などを持ちかけられ、可愛がっていただいております。
また、しっかり休日が取れたり、福利厚生制度が充実していたりなど、臨床獣医師として働いていた頃に比べて大変快適な環境で仕事ができている上に、年収までアップしました。

反対に、獣医を辞めて一番つらいこと・・・
それは毎日たくさんの動物ともふもふできなくなってしまったこと!!!
完全にもふもふ不足です。
やっぱり自分は動物が好きだったんだと実感したし、獣医っていい仕事だったなと思います。  

獣医を辞めて転職しようか迷っているあなたへ

確かに獣医師を辞めると、もふもふできなくなりますし、これまでのキャリアも活かせないゼロからのスタートになるかもしれません。
でも、獣医師として培った患者さんとのコミュニケーション力や、過酷な環境でもめげずに働いてきた体力・精神力は、どんな職場でも活かせるはずだと私は思います。

獣医の資格を活かすもよし、私のように全く新しい世界に挑戦するもよし、とにかくあなたの可能性はまだまだ無限大です。
もし、他に挑戦してみたいことがあるなら、 もし、獣医の仕事に疲れてしまっているのなら、 もし、何かの事情で獣医の仕事を辞めざるを得ないのであれば・・・

転職を推奨するわけではありませんが、転職するか迷っているのならまず行動してみることです。
多くの転職エージェンシーは、相談だけでも無料で受け付けているので、まずは転職サービスに登録だけしてみるのも1つです。
また、まだまだ情報が少ない獣医師の転職市場だからこそ、私の応募書類や面接で聞かれた質問なども、当ブログ内でできる限り公開していきます。

転職を考えるあなたを、私は応援します!

スポンサーリンク

8 件のコメント

  • こんにちは、自分は現役の獣医学生です。進路を考える中で、にぼしさんのお話はとても参考になります。これからも更新楽しみにしています。

    • ぽっぽさん
      コメントどうもありがとうございます。
      今も進路には迷走中ですが、私の経験がお役に立てるよう、これからもブログ更新していきます!
      更新ペースはゆっくりですが、これからもよろしくお願いします。

  • はじめまして。現在臨床8年目のアラサー女子です。日々の過労状態と、自分の今後に不安を抱いて転職を考えているうちにここにたどり着きました。
    まだ考え始めたばかりですし、自身の飼い猫を治療中なのもあって身動きがとれずにいますが、ここのブログを参考、励みに頑張ろうと思います。
    ここの記事を読んで、少し前向きになれました。ありがとうございます。

    • ミスタさん

      コメントどうもありがとうございます!
      激務の中、臨床頑張っておられるのですね。
      尊敬します!
      転職して良かったことも悪かったこともどちらもあるので、ミスタさんの参考にしていただけるよう、これからもブログ更新しますね。
      アラサー女子として、お互いポジティブに生きていきましょう!

  • にぼしさん、こんにちは。記事を興味深く読ませていただきました。
    私は現在臨床3年目の獣医師ですが、結婚や出産などこれから先の人生を考えると不安も多く、4年目に入る前に企業への転職を考えています。
    これからも更新楽しみにお待ちしています。

    • あずきさん

      記事を読んでいただき、どうもありがとうございます。

      やっぱり女性としては、いろいろ悩みますよね。

      企業に転職する獣医師は少数派で、どうしても情報が少ないので、何かのお役に立てるよう記事を更新していきますね。

      これからもよろしくお願いします!

  • 息子が3年になります。この度、問題の加計学園ができることになって、ますます獣医師の仕事かなくなると言われているらしいです。やはり、安倍が不正に友達に土地を譲り渡すために獣医学科を作ったとしか思えないとのことです。今ですら多い獣医師だったとのこと。就職のことはほんとうに考えなければいけないです。

    • たまさきさん

      はじめまして。コメントどうもありがとうございます。

      獣医学科の新設については、私も疑問に思うところが多いです。

      個人的には、獣医師を増やす前に、今働いている獣医師がもっとイキイキ活躍できるような社会作りに投資してほしかった。

      地方や畜産分野など、獣医師不足の業界もありますし、なんだかんだ資格があれば就職には有利です。

      あとは、息子さんが希望の分野に就職されて、楽しんで働けるといいですね!

      陰ながら、応援させていただきます。

  • ミスタ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    獣医師として動物病院で3年間勤務後、転職して会社員に。 アラサー猫好き女子です。 獣医を辞めても、やっぱり動物は大好き! 経験を活かして、動物を愛する飼い主さんや獣医の卵、迷える獣医さんのお困りを解決できるようなブログを目指しています。